rplsファイル、bdavファイルって?

rplsTOOL、BDAVTOOLを利用するには「rplsファイル」「bdavファイル」が何であるのかを理解する必要があります。以下にそれを説明します。

rplsファイル、bdavファイルって何ですか?何処にあるの?

ブルーレイレコーダで番組を録画記録したブルーレイディスクは、「UDFフォーマット」で情報が記録されています。Vista以降のWindowsは標準でUDFフォーマットのディスクを読み書きする事が可能な為、PCにブルーレイドライブがあれば録画ディスク上の各種情報を読み込むことが可能です。
注:Windows XPの場合、「UDFドライバ」を導入すれば同様に読み書き可能になります。

下の画像1は録画ディスクをPCのブルーレイドライブにセットし、正しく認識されている状態で、これをダブルクリック(もしくは右クリックで「開く」を選択)すると、その内容(画像2)が表示されます。この中の、「BDAVフォルダ」に録画した内容に関する情報が記録されています。

画像1. ブルーレイディスクを認識した状態

画像2. エクスプローラでディスクを開いた状態

このBDAVフォルダを開くと、「info.bdavファイル」(bdavファイルと省略します)及び三つのフォルダがあります(画像3)。その中の一つ「PLAYLISTフォルダ」を開くと、拡張子が「.rpls」となっている「rplsファイル」があります(画像4)。

画像3. BDAVフォルダの内容

画像4. PLAYLISTフォルダの内容

bdavファイルには録画ディスクの「プレイリスト情報(各録画番組の再生順序)」が記録されており、rplsファイルには各録画番組の「番組情報(録画日時、番組名、放送局名等)」が記録されています。


注意点

rplsTOOL、BDAVTOOLで編集を行う場合は、必ずrplsファイル、info.bdavファイルをHDD上の何処かにバックアップしておいて下さい。編集が原因でによって録画ディスクが異常な状態になった場合には、バックアップしたファイルを元に戻すことで正常な状態に戻すことが出来ます。


BDAVTOOLによるプレイリスト情報の編集

info.bdavファイルに記録されている情報は、録画番組の「プレイリスト情報」及び「ディスク名」です。プレイリストとは録画ディスク内の各番組の再生順序で、レコーダ画面上でのディスク録画番組一覧での各番組の並び順になります。

下の画像5はPanasonic製レコーダでのプレイリスト画面で、画像6はSONY製レコーダでのプレイリスト画面です。(ここでいう「プレイリスト」に相当する名称はメーカーによって異なります。他の機能に「プレイリスト」の名称が用いられている場合もあります)

画像5. プレイリスト画面の例1

画像6. プレイリスト画面の例2

ディスク名」は、録画ディスクに付けられた名称です。Panasonic製レコーダではBD管理メニューに(画像7)、SONY製レコーダではXMB画面にディスク名が表示されています(画像8)。

画像7. BD管理画面

画像8. XMB画面

BDAVTOOLによって編集することが出来るのは、「プレイリストの並び順(再生順)」と「ディスク名」です。

ブルーレイレコーダで録画したディスクをPCのブルーレイドライブにセットし、BDAVTOOLを起動して「ファイル参照」ボタンを押して、ディスク内のinfo.bdavファイルを選択して読み込みます。先の画像で示したPanasonic製レコーダ録画ディスクから、info.bdavファイルを読み込んだ例が下の画像9です。

画像9. BDAVTOOLでinfo.bdavファイルを読み込んだ例

プレイリストの順番を変更したい場合、まず移動したい番組名をクリックして選択します(画像10)。そして「項目を上へ」もしくは「項目を下へ」ボタンを押すと、選択された番組項目が1番組分移動します。複数回押せば回数分移動します。画像11は「項目を上へ」ボタンを押して上へ移動させた例です。

画像10. 番組名をクリックして選択する

画像11. 「項目を上へ」ボタンをクリックして、項目を移動する

この操作を繰り返してプレイリストの再生順を変更します。途中でプレイリストを元の状態に戻したくなった場合は、「元に戻す」ボタンを押せば、いつでも(保存する前ならば)最初の状態に戻せます。必要ならばここでディスク名も変更できます。
「項目を追加」「項目を削除」ボタンは通常は使用しません。

プレイリストの再生順を変更し終えたら「保存」ボタンを押してください(画像12)。この時点でアプリケーションが録画ディスク上のinfo.bdavファイルを書き換えます。書き換えが成功すると、保存した事を示すメッセージを出した後、アプリケーションは初期化された状態に戻りますので、「終了」ボタンを押してアプリケーションを終了して下さい。

画像12. 「保存」ボタンをクリックして、変更内容を保存する

PCのドライブからブルーレイディスクを取り出し、レコーダに戻せば、プレイリストの再生順が変更されていることが分かります(画像13)。

画像13. 変更後のプレイリスト画面


rplsTOOLによる番組情報の編集

録画ディスク内のPLAYLISTフォルダに存在する、「00001.rpls」の様なrplsファイルには録画番組の番組情報が記録されています。BDAVTOOLの実行画面に示されるように、一つの録画番組が一つのrplsファイルに対応しています。記録されている情報は、レコーダの番組一覧で表示されてる録画日時、放送局名、番組名や、録画番組の詳細を表示させた時に見られる番組内容等です(画像14, 画像15)。rplsTOOLを用いるとこれらの情報を編集できます。

画像14. 番組情報の例1

画像15. 番組情報の例2

ブルーレイレコーダで録画したディスクをPCのブルーレイドライブにセットし、rplsTOOLを起動して「参照」ボタンを押して、編集したい番組に対応するrplsファイルを選択して下さい。正しく読み込まれると、その録画番組の各種番組情報が表示されます。下の画像16はPanasonic製レコーダで録画した番組のrplsファイルを読み込んだ例です。

画像16. rplsTOOLでrplsファイルを読み込んだ例

アプリケーションウインドウに表示されている各種番組情報項目を編集することが可能です。編集中に内容を元の状態に戻したい場合は、「元に戻す」ボタンを押せばいつでも(保存する前ならば)最初の状態に戻せます。編集が終わったら「保存」ボタンを押して下さい。この時点で録画ディスク内のrplsファイルが書き換えられます(画像17)。書き換えが成功すると、保存した事を示すメッセージを出した後、アプリケーションは初期化された状態に戻りますので、「終了」ボタンを押してアプリケーションを終了して下さい。

画像17. 「保存」ボタンをクリックして、変更内容を保存する

PCのドライブからブルーレイディスクを取り出し、レコーダに戻せば、変更内容が反映されていることが分かります(画像18)。

画像18. 変更された番組情報

Panasonic製レコーダの番組一覧表示で見られる「BS 151」等のチャンネル表示は、rplsTOOL上の「放送種別」と「チャンネル番号」から作成されて表示されています。この為、「放送局名」を編集してもPanasonic製レコーダ上の表示には反映されません。この状況はPanasonic製レコーダで作成した録画ディスクをPanasonic製レコーダで再生した場合に限ります。
一方Panasonic製レコーダで作成した録画ディスクを、他社製レコーダで再生した場合には、「放送局名」がチャンネル表示として反映されます。逆に他社製レコーダで作成した録画ディスクをPanasonic製レコーダで再生した場合も、「放送局名」がチャンネル表示に反映されます。

上のPanasonic製レコーダの例で扱ったのと同じ番組をSONY製レコーダで録画して作成した録画ディスクの番組情報をrplsTOOLで読み込んだ例が下のが画像19です。

画像19. SONY製レコーダで作成したrplsファイルを、rplsTOOLで読み込んだ例

Panasonic製レコーダで作成したrplsファイルを扱った場合との違いは、「放送種別」が存在しない事と、「番組内容」部分が「番組内容」「内容詳細」の二つに分割されている点です。「内容詳細」部分は他社製レコーダとは互換性が無く、他社製レコーダ上では表示されない事に注意して下さい。「番組ジャンル」情報もPanasonic、SONY等、メーカー間で互換性はありません。



コメント

rplsファイル、bdavファイルって? — 12件のコメント

  1. .clpiファイルには、レコーダ上で実際に映像を再生させる際に必要になる情報が入っています。
    今、当サイトで扱っているツール類では必要ありませんが、
    例えばBDAVディスクのチャプターを扱うような場合は必要になってきます。

  2. 「rplsTOOL」及び「BDAVTOOL」を使わせてもらいました。大変便利です。^^
    clpiファイルを扱えるソフトはありませんか?
    clpiファイルというのはあまりソフトを作るほどの必要性が無いのでしょうか?

  3. ブルーレイレコーダーで記録したDVDディスク(BDAVフォーマットで記録されたディスク)は、
    Mac搭載のDVD再生ソフトでは再生できませんので、市販のブルーレイ再生用ソフトを導入する必要があります。

    私がMacbookで試した限りでは、Macgo社製の「Mac Blu-ray Player」をインストールすることで再生可能でした。
    再生ソフトに関する情報はこのページでは扱っていませんので、詳細は検索してみて下さい。

  4. ご教授願います。
    ブルーレイレコーダーでテレビ番組を録画したDVDディスクをiMac内蔵DVDドライブに挿入したが、自動的に再生が始まりません。
    そこでデスクトップ上に表示された「DVD_VIDEO_RECORDER」アイコンをWクリック。
    開いたウインドー内の「BDAV」フォルダをWクリック。
    開いたウインドー内の「PLAYLIST」フォルダをWクリック。
    開いたウインドー内の「00001.rpls」をWクリック。
    次のメッセージウインドーが開いた。
    「Adobe Readerで「00001.rpls」を開けませんでした。ファイルの種類がサポートされていないか、またはファイルが破損している可能性があります。例えば、電子メールの添付文書として送信され、正しくデコードされなかったことなどが考えられます。」

    <詳細>
    上記は、親戚がイツコム(ケーブルテレビ)のブルーレイレコーダー付きのチューナーで番組録画したDVDディスクをiMacの内臓DVDドライブへ入れた時の現象です。
    親戚から電話で説明を受け、「Adobe Acrobat Reader」の最新バージョンをダウンロードしてインストールし、再度DVDを挿入したのですが、同じ症状でした。

    その為、親戚のiMac内蔵DVDドライブがブルーレイに対応してない事が原因ではないかと思い、外付けブルーレイドライブ「BUFFALO BDXL対応 USB2.0 ポータブルブルーレイドライブ BRXL-PT6U2V/N」を購入し、改めてDVDを挿入したところ、またも同じ症状でした。

    自動再生できなくとも、エラーメッセージが表示されずに録画番組が再生できるようにするには、どうしたら良いでしょうか。
    よろしくお願いいたします。

  5. rplsTOOL、使わせていただきました。おかげさまで、レコーダーでやると恐ろ
    しく面倒だったタイトル名の変更が、ビックリするくらい簡単にできるように
    なりました。
    これほどありがたみを感じたソフトは久しぶりです。本当にありがとうござい
    ました。

  6. >pinfocopyの -A オプションを使って、TMSR4出力のm2tsファイルに
    >編集前の元TSファイルから音声コンポーネント記述子をコピーすれば可能「かも」しれません。(未確認です)

    早速確認してみました。結果はDIGAで「日本語」と表示されるようになりました!
    なるほど、TSファイルの中にあったのですね。
    勉強になりました。
    ありがとうございました。

  7. レコーダ等で再生される際、日本語/英語など表示される音声情報の設定は、
    TSファイル中の「音声コンポーネント記述子」の情報に基づいていると思われます。
    それらはTSファイル中のデータですので、rplsTOOLやBDAVTOOLでは扱えません。

    単純に「TMSR4で編集する前のTSと同じ音声表示にしたい」ということでしたら、
    pinfocopyの -A オプションを使って、TMSR4出力のm2tsファイルに
    編集前の元TSファイルから音声コンポーネント記述子をコピーすれば可能「かも」しれません。(未確認です)

  8. 関係ない事を訊いているのかもしれませんが、BDAVの音声が何語かというのはBDAVTOOLやrplsTOOLで設定・変更できるものではないのでしょうか?
    TMSR4で出力したBDAVにrplsTOOLでタイトルやチャンネル設定などを行った結果をDIGAで再生中に音声切替ボタンを押すと「外国語」と表示されます。
    こういった、音声の言語に関する設定はどこにあるのでしょうか?

  9. >現状のrplstoolですと、ジャンル情報を設定するカラムがひとつしかなく、複数のジャンル
    >情報が設定されている番組、および複数のジャンル情報を設定したい場合、どうした
    >ものかと悩むことが・・・。

    rplsTOOL Version 2.8 から複数ジャンル情報の編集に対応しましたので、それを使ってみて下さい。

    >また、TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4 の問題と思われますが、このソフトウェア
    >を使って、BDAV出力したrplsファイルをrplstoolで開くとジャンル情報がグレーアウト
    >した状態になってしまうようです。

    番組ジャンル情報の記録は各メーカの独自拡張機能によるものですので、
    TMSR4の出力する一般的なrplsファイルではジャンル情報は扱えない仕様です。

    TMSR4の出力するrplsファイルを使用して、PanasonicやSONY製レコーダでジャンル情報を表示できる状態にしたい場合は、他のツールによる修正が必要です。
    たとえばm.nakamuraさん作成のrplsPatchを使用してrplsファイルを変更することでジャンル表示が可能になります。

  10. 現状のrplstoolですと、ジャンル情報を設定するカラムがひとつしかなく、複数のジャンル情報が設定されている番組、および複数のジャンル情報を設定したい場合、どうしたものかと悩むことが・・・。

    http://saysaysay.net/wp-content/uploads/2012/03/bdav14.jpg
    上記画像を見ると、複数のジャンルが登録されてるように見えますが、どのようにしたらこのようになるのでしょうか?

    また、TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4 の問題と思われますが、このソフトウェアを使って、BDAV出力したrplsファイルをrplstoolで開くとジャンル情報がグレーアウトした状態になってしまうようです。

  11. rplsファイルのファイル名は通常、それぞれ00001.rpls, 00002.rpls, 00003.rpls等で固定されています。
    rplsTOOLを普通に使用する範囲ではファイル名自体が変更されることはありません。
    もし何らかの手違いでそれらファイル名を変更してしまうと再生出来なくなってしまいます。

    そうなったらファイル名を手作業で元に戻すしか解決策はありません。
    エクスプローラーからこの記事の最初の方に書いてあるようにたどっていって、ファイル名を元に戻して下さい。
    元のファイル名を覚えていればそのファイル名に、ファイル名が分からないなら00001.rpls, 00002.rpls等を
    幾つか試してみるしかありません。
    (CLIPINFフォルダ内の.clpiファイルと番号が対応していることが理解できれば、それに合わせて下さい)

  12. 突然のメールで失礼致します。
    こちらのサイトからrplsファイルをインストールしたら、ブルーレイディスクもテレビでの再生も出来なくなってしまいました。
    PLAYLISTからファイルを開けて保存し、00001.rplsとなっていた名前を変更してしまった事が見られなくなった原因でしょうか?
    (保存した事でブルーレイディスクの内容が初期化されてしまった?)
    よく理解しないまま操作してしまった落ち度もあり、修復不可能であれば仕様がないと思っています。
    なにか分かればお教え下さると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。