rplsinfo version 1.4

rplsinfoを更新しました。

更新内容

  • 文字コード変換ルーチンを更新しました。
  • ファイルサイズ情報出力オプション -k を追加しました。
  • -l, -j, -q オプションを追加しました。

Windows版に加えて、OSX版のバイナリ実行ファイルもダウンロード可能になりました。

追記:
OSX版 ver .1.4 は出力形式の指定によっては、出力結果が異常になる不具合がありました。
ver. 1.4.1で修正済みです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。