rplsinfo

rplsinfo実行画面

rplsinfoは、rplsファイル, TSファイルの番組情報をテキスト出力するツールです。

このツールの使用は使用者の自己責任において行って下さい。
このツールの使用によってもたらされた如何なる結果にも作者は一切責任を負いません。



ダウンロード
rplsinfo Version 1.4 for Windows
rplsinfo Version 1.4.1 for OSX

アーカイブの内容
rplsinfo.txt 説明ファイル
rplsinfo.exe アプリケーション本体
x64 フォルダ 64bit版アプリケーション本体
src フォルダ アプリケーションのソースファイル

 


動作環境

本ツールは主にWindows7, Windows10で動作を確認しています。
開発環境はVisual Studio 2015です。


アプリケーションの使用方法

コマンドプロンプトから以下のように実行して下さい。

rplsinfo.exe 読み込みファイル名 出力ファイル名 [-オプションスイッチ] [enter]

 

読み込みファイル名には、rplsファイル、もしくはTSファイルを指定します。指定したファイルから番組情報を取得して、テキスト情報として出力ファイルに出力します。

rplsinfo.exe 00001.rpls test1.txt -T -cb [enter]
出力例1:rplsファイル”00001.rpls”から、番組情報(放送局名, 番組名)を、テキストファイル”test1.txt”にタブ文字区切りで出力する
rplsinfo.exe 00002.m2ts test2.txt -C -bd [enter]
出力例2:TSファイル”00002.m2ts”から、番組情報(番組名, 録画日付)を、テキストファイル”test2.txt”にCSV形式で出力する

 

出力ファイル名を省略した場合は、情報をコマンドプロンプト画面に出力します。

rplsinfo.exe 00003.rpls -T -bi [enter]
出力例3:rplsファイル”00003.rpls”から、番組情報(番組名, 番組内容)を、コマンドプロンプトにタブ文字区切りで出力する

 

出力形式、出力内容はオプションスイッチで指定します。出力形式を指定するスイッチ[-T] [-S] [-C] [-N] [-I] は以下の通りです。

出力形式を指定するオプションの一覧
指定無し デフォルトで簡易コンマ区切りで出力します。各項目はコンマ文字で区切られます。
各項目中の改行などの制御文字、及びコンマ文字は省略され出力されません。
-T 各項目をタブ文字区切りで出力します。
各項目中の改行などの制御文字は省略され出力されません。
-S 各項目を半角スペース文字区切りで出力します。
各項目中の改行などの制御文字は省略され出力されません。
-C 正式なCSV形式で出力します。各項目の前後は「”」で括られ、項目中の「”」は「”」でエスケープされます。区切り文字はコンマです。
改行などの制御文字もそのまま出力します。
-N 各項目を2回の改行で区切って出力します。
改行などの制御文字もそのまま出力します。
-I 各項目を[項目名]付で出力します。各項目は2回の改行で区切られます。
改行などの制御文字もそのまま出力します。

 

出力したい番組情報を指定するスイッチ [-fukdtpzaoscnbieg]は以下の通りです。情報を出力したい順番に、まとめて指定して下さい。

指定例: -cdbf 放送局名, 日付, 番組名, ファイル名の順に出力する。

 

出力内容を指定するオプションの一覧
-f ファイル名を出力します。
-u フルパスファイル名を出力します。
-k ファイルサイズ情報を出力します。
-d 録画した日付を YY/MM/DD 形式で出力します。
-t 録画開始時刻を HH:MM:SS 形式で出力します。
-p 録画期間(録画時間)を HH:MM:SS 形式で出力します。
-z タイムゾーン設定値を出力します。
TSファイルが元ファイルの場合、内容に関係なくタイムゾーンは 18 になります。
-a メーカーIDを出力します。
-o メーカー機種コードを出力します。
-s 放送種別情報を出力します。
-c 放送局名を出力します。
-n チャンネル番号を 000ch のように 3桁の数字+ch で出力します。
番号が999を超える場合はそのまま出力します。
-b 番組名を出力します。
-i 番組内容情報を出力します。
-e 番組内容詳細情報を出力します。
-g 番組ジャンル情報を出力します。

 

その他のスイッチ一覧です。必要に応じて指定して下さい。

その他のスイッチ
-y 番組情報読み込み時に、英数文字に対して文字サイズ指定(NSZ, MSZ)を
反映させます。
-j 複数の異なる字体が存在する文字(葛, 辻, 祇など)の出力時、その区別に
異体字セレクタを使用する.
-q ファイル出力時、BOM(バイトオーダーマーク)を付与しない。
-F TSファイルから番組情報を取得する際のファイル位置を指定します。
“-F 0″がファイルの先頭、”-F 99″がファイルの終端付近です。
デフォルトは”-F 50″相当です。
-l 番組情報パケットの探索リミットを整数値で指定します。番組情報元TSファイルから
番組情報を取得する際、情報の探索は開始位置からファイルの終端まで行います。
このため必要な情報を見つけられない場合、大きなファイルでは長時間を要して
エラー終了することになります。-l オプションを指定すると、必要な番組情報がまだ
見つからない場合でも”指定した数値MByte”分まで進行した所で探索を終了します。
指定例: -l 50

 


注意点

出力ファイルデータはUnicode形式(UTF-16 LE)です。
出力ファイルとして指定したファイルが既に存在していた場合、そのファイルに追記します。
この際、既存ファイルのテキストエンコーディング設定に関わらずUnicode形式で追記しますので注意して下さい。

シフトJIS形式で出力を受けたい場合は、出力ファイル名を指定せず、コマンドプロンプト出力としてそれをリダイレクト(>, >>)でファイルに受けて下さい。但しこの場合は一部のUnicode文字が失われます。

rplsinfo.exe 00001.rpls -T -cb > test3.txt [enter]
出力例4:rplsファイル”00001.rpls”から、番組情報(放送局名, 番組名)を、テキストファイル”test3.txt”にタブ文字区切り、シフトJIS形式で出力する

 

-sオプションによる放送種別情報の出力は、パナ製レコーダ作成rplsファイルの場合のみ可能です。


Mac OS X版

OS X版のアプリケーションは、Xcode 7.3で作成しました。作成したバイナリ実行ファイルは、intel 64bitアーキテクチャ向けで、OS X version 10.7 Lion以降が対象です。OS X 10.11.4 (El Capitan)上で動作を確認しました。
使用方法はwindows版に準じます。

* windows版と仕様の異なる点
・ファイル出力フォーマットはUTF-8です。
・ファイル出力時、標準でBOMは出力されません。-q オプションを指定するとBOMを出力します。(windows版と動作が逆になります)


再配布について

本ツールの再配布に制限はありませんので、自由に再配布してくださって構いません。ただしツールの再配布によってもたらされた如何なる結果にも作者は一切責任を負いません。再配布に際して作者への連絡・許可は必要ありません。

ソースを改変したオリジナルバージョン等を公開される場合にも、作者への連絡・許可は必要ありません。


更新履歴

旧バージョンのダウンロードが可能です。

Version Windows版 更新内容
1.4 文字コード変換ルーチンを更新しました。
ファイルサイズ情報出力オプション -k を追加しました。
-l, -j, -q オプションを追加しました。
1.3 文字コード変換ルーチンの不具合を修正しました。
1.2 パナ製レコーダで作成したrplsファイルでの放送種別情報出力に対応しました。
1.1 パナ製レコーダで作成したrplsファイルでのジャンル情報出力に対応しました。
1.0 最初のバージョン。

 

Version OSX版 更新内容
1.4.1 出力形式の指定によっては出力結果が異常になる不具合を修正しました。
1.4 最初のバージョン。